1. プロローグ 放課後は硝子館で

1/19
49人が本棚に入れています
本棚に追加
/80

1. プロローグ 放課後は硝子館で

 昔から、透明感があってキラキラと輝くものが好きだった。  たとえばガラス細工、クリスタル、そして宝石みたいなもの。  ただ、手に入れたいとかそういうことじゃなくて。そこに在るのをじっと眺めているだけでも十分心が満たされる、そんな感覚で大好きだった。  まるで小さい子が、色とりどりのケーキが並ぶショーケースを目を輝かせながらじっと眺めているみたいに。  だから、私が今いるこの店内はまさに私にとっては理想そのものだった。 『硝子館 ヴェトロ・フェリーチェ』。それがこの店の名前。  曇り一つなく磨かれた大きな窓ガラスの傍には細かく表面がカットされたクリスタルガラスのサンキャッチャーがいくつも並び、店内に虹色の小さな水たまりをそこかしこに作っている。何色もの配色が映えるステンドガラスのライトスタンドがまずは出迎えてくれた。
/80

最初のコメントを投稿しよう!