【1】不運続きのわけ
1/7

【1】不運続きのわけ

「きゃあああっ!?」 ズッテーン! 何もない場所ですべり、二階から勢いよく階段を転がり落ちる。 イタタタタ……。頭をぶつけたのか、ちょっとクラクラする。 はああ~、このドジっぷりが今や私の日常。 ええと、ええと……。私は誰? 名前は村井恵美奈むらいえみな、高校一年生の女の子。血液型はO型。 そして今日は金曜日。今は朝八時でこれから登校する。 ホッ! 大丈夫、覚えてる! 「あらら、恵美奈。まーた階段から落ちたの? 大丈夫?」 心配そうにママが台所から顔を出す。 「う、うん。どこもケガはしてないみたい。ホントにこの頃ツイてないんだよね~」 思わず苦笑い。 「まったく気をつけなさいよ。派手な音だったから心配しちゃった」 「えへへ……」 なんだか、最近、とつぜん不運が続いている気がするの。 前はこんなに運が悪いなんてことなかったんだよね。 ご飯を食べていたらお箸が折れる。散歩していたら空からドングリが大量に落ちてくる。どこからともなくボールが飛んできて顔面直撃。 ――こんな感じであり得ないツイてなさの毎日。もう本当にうんざりしちゃうよ。 いけない! もうこんな時間だ。とりあえず学校に行かなきゃ。 ママに「行ってきます」と言って、急いで玄関を飛び出る。 えっと、今日は空から何も振ってこないよね? 注意深く、空を見上げると鳥が気持ちよさそうに飛んでいるのが見えた。 あーあ、鳥みたいに飛べたら転ばなくて済むのになあ。 そんなことを考えていたとき―― プ―――ッッッ!! いきなり車のクラクションが耳に入ってきた。 ――しまった! 急に曲がり角から現れた車。よそ見をしていた私は当然避けることができない。 ぶつかる!!