雨のモノローグ

1/1
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/117

雨のモノローグ

 我ながらかわいげのない小学生だったと思う。  雨は、嫌いだ。 「…………」  傘の色は黒。辛気くさい空気にお似合いの、辛気くさい喪服色。  まったく小学生らしくない。  Lサイズの傘が右手に重い。かといって捨てるわけにもいかず、水たまりを踏み抜いて喜ぶ無邪気さもなく、その時の俺は帰って風呂に入りたいとしか考えてなかったんだ。  急ぎ足で歩いた。寒いのは嫌いだ。逃げ出したくなる。考える端から思考のすべてが湿気っていくようなこの錯覚。雨は大嫌いだった。  とっとと家に帰りたいってのに。 「……よう」  変質者に声を掛けられた。振り返ると、雨に濡れたオッサンがいた。 「どうだな少年。裾すれ違うも多生の縁と人間は言う。ここはひとつ、景気よくセカイセーフクでもやってみるというのは」  世界征服に興味はないか、と男は言った。 「…………」  電波。胡散臭いオッサンだった。雨の中、傷だらけ血まみれで、なのにエラソーに見下し笑いしている。  一目で分かる。こいつは悪人だ。とっとと切り捨てて風呂入りたい。 「制服が好きなの? 萌えるの? うぜぇ。きめぇ早く死ねバイバイ」 「ほう? はっはっは、なるほどなるほど。最後の最後にとんでもないハズレくじを引かされたか。うむ。日頃の行いがなせることだろう、何せ私は悪党だからな。自業自得というやつだ」 「…………」  謳った。  優雅に。  なんか自分に陶酔してるみたいに。  そうかこいつナチズムだ。あれ? ナルチズムか。 「ねぇオッサン」 「ダンディな呼び方をするな。紳士なのは確かだが」  俺は目を細めた。汚いものを見るように。 「……あんた、血だらけじゃないか。苦しくないのか?」  その悪党は、ボロボロだったのだ。ふざけた話。戦争帰りにしか見えなかったんだ。ヤのつく職業。しかも電波。間違いない。帰りたい。 「苦しいさ、痛いに決まってる。だがな、男にはプライドがあるだろう」  ナルチズムしたまま、男は笑った。 「そう……死ぬまでは倒れん。お前みたいな糞ガキの前で倒れてやるものか。倒れる時、そりゃ死ぬ時だけと決まってる」  まったく表情を変えないまま、べしゃり。前のめりで倒れ、水が跳ねた。 「……倒れたぞ、あんた」 「ああ、死ぬ。俺は死ぬ。もうどうしようもなく死に至る」  唐突に弱気だ。ヘンなオッサン。 「娘に会ったら伝えてくれ…………」 「なんて?」 「……」 「……」 「……」 「……何をだよ、早く言えよ死体」 「やめだ、中止にする。つまらん格言を残す趣味はない」  はぁ、と俺は譲歩する。 「助けが必要かよ?」 「いらん。無駄は好かん」 「ああそう。じゃーな」  ざっくりと見捨てる。  どうでもいい。  死のうが生きようが知ったことじゃない。本人がいらないって言ったんだから、いらないのだろう。  大嫌いな雨空を見上げる。  思考の端から湿ってく。  足が止まる。  灰色の街の片隅で、俺はボソリと呟いていた。 「……祈っててやるよ。あんたが天国に逝けることを、神様に」  男は最期に、嬉しそうに唇を歪めた。子供みたいな無邪気さで。 「ふん……クソ喰らえ、だ……」  そう言い残して、人生を辞した。 「…………」  俺もその場を去ることにする。  いきものの死を見るのは初めてじゃない。  慣れていた。  どうしようもなく冷めていた。 「はは…………くそ喰らえ、だってさ」  でも、それでも。 「……ヘンなオッサン……俺の前で死ぬなよ、ボケ」  視線が下がるのは堪えきれなかった、そんな、遠い昔のプロローグ。  雨の中。  面倒になった傘を投げ捨てる。  空の涙が降り注ぐ。  あの日何かを受け取って、俺はそれを綺麗サッパリ忘れ去っているのだと思う。  傷だらけ血まみれのオッサンはこう言ったんだ。  どこまでもエラソーな、魔王みたいな強気な笑みで。  ――世界征服に興味はないか、と。
/117

最初のコメントを投稿しよう!