エモーショナル・アンブレラ

1/8
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/8

エモーショナル・アンブレラ

 あの日は、バケツをひっくり返したような雨が降っていた。ビー玉が跳ねるような音がしていたのをよく覚えている。  道端で蹲る俺に容赦なく降り注ぐ雨は、急速に体温を奪っていった。流れるこれが、もう涙なのか雨なのかは分からない。  そんな中、痛いほど叩きつける雨が不意に止む。顔を上げれば、そこには黒い髪を肩口で揺らす少女がいた。漆黒の傘を差した彼女は、俺を見つめて囁くように言う。 「……青空、見たい?」  雨音を切り裂いて響く澄んだ声。幼い俺は意味を理解しないまま何度も頷いた。  その瞬間、漆黒の傘の裏に青空が咲いた。驚きで瞬きをしたその刹那に、雨空がどこまでも広がる青空に塗り替えられている。サファイアのように輝くその中に、虹の橋が架かり、それはまるで名画のような光景だった。  俺はその光景の美しさに興奮し、彼女に何度も礼を言った。  泣き止んで喜ぶ俺に、少女は心底嬉しそうに笑う。その笑顔は、青空みたいに眩しかった。  俺は、あの時に見た快晴の空が忘れられない。魔法のように煌めいたあの景色をもう一度見たい。  だから俺は、今でもあの煌めきを探している。
/8

最初のコメントを投稿しよう!