宵の傘

仕事に悩む女性は先輩に教わった秘密の屋上で、光の雨を見ていた。

10 52

11分 (6,195文字)
傘が何かを守るものだというなら、彼のそれは何を守ってくれたのだろうか。

あらすじ

【あらすじ】 仕事に悩むと秘密の屋上で光の雨を見ると良い。そう教えてくれた先輩がいなくなり、一人空を見上げていた彼女の前に、真っ黒な傘を持つ男が現れた。 【コンテスト】 超・妄想コンテスト「傘」応募

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る