元彼との別れたきっかけを思い出し悶々と

1/4
2667人が本棚に入れています
本棚に追加
/33

元彼との別れたきっかけを思い出し悶々と

「いつになったら仕事が落ち着くの!!」 4月の半ばに小説投稿サイトをリニューアルさせてから3ヶ月が経った。 なのに、新機能追加と仕様変更による不具合で休む暇もなく仕事に明け暮れていた。 「またバグったね。新作ピックアップて急上昇ピックアップ、なんで表示されてないんだろっ」 プロジェクトチーム全員で、朝からげんなりしていた。 毎日恒例になってる栄養ドリンクを飲んで気合いを入れるミーティング。 ちなみにカフェインが入ってるからわたしは妊娠してからは飲んでない。 リポD飲んで一斉に席に着き、パソコンの画面をにらめっこして、昨日自分が描いたプログラムを確認していく。 「3月からずっとこの仕事にかかりっきりでプライベートが無いんだけど……。早く軌道に乗って欲しい」 「……本当に、終わりが見えなくてきつい」 10月にプロジェクトチームが組まれ、それから10ヶ月間共に仕事をしてきた仲間だから愚痴等をわいわい話しながら仕事をするぐらい仲良くなってた。 「せめて週末ぐらい休ませて欲しい。不具合対応で休日が月2回しか取れないってブラック企業過ぎるわ」 「自分が担当してる箇所の不具合だと容赦なく呼び出されるし……」 webサイト運営は休日時間関係なしでネット上で公開してるから、管理運営する側はその対応に当たるため、週末も当番で出勤してる。 「わたし、プライベートの時間が取れなさすぎて、彼氏に浮気されて別れ切り出されて、この仕事を続けてたら一生独身だって悟った」 「木原さん、彼氏いたんだ。仕事で会う時間が取れないからって浮気して捨てる男なんてろくでもないから別れて正解だよ!!」 この職種に就いた社員の大半が経験する、仕事が多忙による恋人とのすれ違いによる破局。 わたしはなぜか多忙で彼氏に捨てられた後に妊娠がわかって産む事を決心した可哀想な人扱いを受けてる。 「同じように多忙でデートなんかする暇ない相手を探して付き合わないと、付き合っても捨てられるサイクルに陥って無駄に時間を使う事になるわ……」 プロジェクトチーム全員がこの発言に同感していた。
/33

最初のコメントを投稿しよう!