一、覆面婚活パーティーへのお誘い

1/1
38人が本棚に入れています
本棚に追加
/16ページ

一、覆面婚活パーティーへのお誘い

(あい)ちゃん、覆面婚活パーティー行かない?」 「朱理(しゅり)先輩。なんですか、それは」 「参加者全員が覆面をして参加する婚活パーティーよ!」 「はあ」  職場の休憩中に、朱理先輩が私の元にやって来て婚活パーティーに誘ってきた。  お互い独身で、よく(まち)コンや婚活イベントに誘ってくれる。  私は27歳で朱理先輩は32歳だ。  3ヶ月前から月に1度、一緒に参加しているが、お互いにいい人にめぐり合わない。  朱理先輩はどうしても結婚して子供がほしいそうだ。相手はまだいないけど、病院で妊娠できる体かどうか調べてもらったらしい。素晴らしく健康体だったそうだ。  私はどうしても結婚したいってわけじゃない。でも結婚にはあこがれるし、女性として生まれたからにはウエディングドレスを着たいし、母子手帳も持ちたい。 「日時は来週の土曜の1時からなんだけど、今ちょうどね、名前に色がつく人は500円で参加できるキャンペーンやってるの! 普段はもう少し参加費かかるんですって。お得だし、面白そうだから行きましょ!」 「私も朱理先輩も名前に色がつきますね。」  私は藍色、朱理先輩は朱色。 「覆面プロレスラーみたいな覆面なんですって。藍ちゃん、覆面プロレスラー好きでしょ! 覆面かぶれるわよ!」 「確かに覆面レスラーは素顔が隠れていてミステリアスで好きですが、自分がかぶるのは考えてなかったです。何で覆面かぶって婚活パーティーするのか、よくわからないんですけど」 「顔の印象で相手を決めないで、内面で選んでほしいっていう主催者の意向があるのよ!」 「そうなんですか。朱理先輩は行ったことあるんですか?」 「テレビで、そのパーティーを紹介してるのは見たことがあったの。すっごく衝撃的でね、ずっとこころの中にあったのよ。自分もいつか参加してみたいって!」 「はあ」 「ケーキも食べ放題なんですって! 行きましょ!」 「500円でケーキが食べ放題ですか、行きます!」 「由黄(ゆき)ちゃんも誘いましょ。あの子も名前に色がつくわ!」  こうして私、藍色の藍と朱色の朱理先輩、黄色の漢字が入る由黄ちゃんで、覆面婚活パーティーに参加することになった。
/16ページ

最初のコメントを投稿しよう!