おはようございます、にドッキリはいらない。

1/14
22人が本棚に入れています
本棚に追加
/135ページ

おはようございます、にドッキリはいらない。

()()()()()()()()()。 そう考えたと同時に、脱力した笑みを浮かべて最近は寒くなって来て、布団のぬくもりの誘惑に抗えないと思いながら、布団を被ろうとしたなら()()()()()()()()()()()()()()()()()()()。 「二度寝っていいよなあ、二度寝最高イェーイ♪」 「……仕事に遅れますよ」 「ぬわっ?!」 寝台(ベッド)ではなくて、居間となる場所の畳に敷かれた布団に寝ている事にも驚きましたが、夢の中で聞いていた声が頭の右と左の両方から聞こえて、"お巡りさん"で少なからず物騒な経験をしている翼も、この初体験には飛び起きます。 「オッハー!つばさっち!……って、ちょっとこれは古いのかな?」 飛び起きた左側から、胡坐をかいて座っている黒い美形(イケメン)が賑やかに挨拶を翼に対して行った後に、翼を超えて右側に居る存在、こちらはスッと背を伸ばして正座をしている白い美形(イケメン)について、自分が行った挨拶について尋ねていました。 「おはようございます、山田さん」 けれども白い美形(イケメン)は黒い美形(イケメン)の質問には答えず、翼に対して挨拶を行いますが、された方は本格的に混乱を始めているらしく、ポカンとした状態で止まっているので、元来真面目な性分の存在は、"オッハー"について答えます。 「()()()()に関しては流行った当時文部大臣が、この言いまわしを始めた人気芸能人に"子どもたちに朝の挨拶習慣をつけるのに一役買ってほしい"と頼んだ程なのだから、挨拶として根付いていると考えてもいいと思える。 ……まあ、挨拶ではあるが、常識的に考えて、フランクな響きすぎて使える相手は極親しい相手に限定されそうだが」 「じゃあ、()()()()()()()にぴったりだな!」 "俺とつばさっち"という黒い美形(イケメン)の表現に、実に判り易く白い美形(イケメン)イケメンが額に縦シワを刻んでいました。
/135ページ

最初のコメントを投稿しよう!