記憶は赤くいまわしく

わたしは赤い色がこわい  だれかを殺したのは、夕日に染まった赤い公園だったから

28 763

14分 (7,833文字)

あらすじ

「赤い公園を見て、人を殺したことを思い出した」 という女が警部補・吉嶺のもとにやって来る。 吉嶺は犯罪のにおいを感じるが……

サブジャンル

タグは登録されていません

その他のキーワード

シリーズタグ

感想・レビュー 1

見事なサスペンスミステリ

とてもよく練られたサスペンスミステリでした。公園で何があったのか、不思議な謎に包まれたまま、後半の意外な展開につながるのはミステリドラマを見ているみたいにワクワク感がありました。ラストはやや強引さもあ

その他情報

公開日 2019/7/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る