ただ、このときは

1/1
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/27

ただ、このときは

 目の前で燃え盛る炎を見ていた。  広がるは、ただ、一面の赤。 「ディミヌ!」  母の声に振り返る。 「逃げて!」  熱風と共に届いた母の声に、まだ十五歳の彼女は動けなかった。  声を探し、凝視する。  そこで、炎ではない赤い色が、舞った。  ふわりと赤いマントが目の前に舞って、無意識に足は止まる。周囲を見渡せば赤だけではなく、黄色のマントをつけている者もいて、 (ああ、こんなに何人もいたんだ)  と、彼女は現実に戻る。  あれは一年前のこと。思い出すのは珍しい。ただ、思い出しても過去の感傷に浸らないのが彼女のいいところだ。壁の掲示板を見上げ、目的の貼り紙の前に立つ。 「勇者様、この案件を受けてくださるのですか? ありがとうございます。こちらの案件は、レベル五十以上の方への案件です。申し込みに記載をお願いします」  さきほど目の前を通った赤いマントの者が、すぐ隣に設置されているカウンターで受け付けをしているのだろう。彼女は聞き耳を立てるでもなく、目の前にある、一枚の白い貼り紙を読む。  約四メートル四方の空間のうち、三面に大きなコルクボードがあり、貼り紙がされている。掲示板ではない一面にカウンターと出入口がある。  赤い貼り紙が一面ほど、残りの二面はほとんど黄色い貼り紙で、白い貼り紙はわずか一枚。貼り紙には、仕事内容と報酬金額が記載されていて、仕事の危険度の低いものから白、黄色、そして、赤へと変わる。報酬が高いのは赤い紙、白い紙は低額だ。空間には十五人ほどがいて、赤いマントの者が多い。  赤いマントの者は、赤い貼り紙を吟味するように読んでいる。黄色いマントの者は、黄色い貼り紙を。彼女はというと、青いマントだ。青いマントで隠れているが、水色の片足にスリットの入った膝丈のワンピースを着ている。ただし、その下には青のミニスカート、更にその下には黒のレギンスを履いていて、色気とはほど遠い。ライトグレーの肘まである長い手袋と、同色のショートブーツ。腰には長剣、茶色い髪の毛は外ハネのショートボブ。なんとも、色気という言葉とは正反対のみなりをしている。  黄色いマントをつけた者が、一枚の黄色い紙を手し、彼女の背後を通過して行く。 「勇者様、この案件を受けてくださるのですか? ありがとうございます。こちらの案件は、レベル五十以下の方におすすめする案件です。申し込みに記載をお願いします」  彼女は、目の前の白い紙に手を伸ばす。そのとき、カウンターの方から男性の声が聞こえた。 「ヤチ王の公認勇者だが、掲示されていない特別枠の依頼はあるか? ああ、一応、マントの金具も確認してもらわないといけないな。……ほら、ヤチ王の紋章があるだろう? 青いマントだけでも公認勇者とわかるだろうが、念の為にこちらも確認をしてもらうのが、公認勇者としての務めだからな」  振り向けば、銀に輝く鎧に青いマントをつけた者がカウンターの女性と楽しそうに話している。申し込み用紙を受け取っているところを見れば、条件がよかったのだろう。 「勇者様、ありがとうございます。これからもご活躍を楽しみにしています」  彼女は伸ばしかけた手を、自らのマントの金具へと重ねる。 「はっはっは。魔王クレシェは、私がいつか倒して世に平和をもたらそう」 「はい! 皆、期待しております!」  赤いマントと黄色いマントの者から拍手が沸き起こる。カウンターの者たちも、同様に。  彼女はといえば、マントの金具を握っている。目を伏せ、掲示板に背を向けると、ヤチ公認勇者とカウンターの真横を通って出て行った。 「おや? 今の娘は……」 「ご存知なのですか? 青いマントなので、どこかの公認勇者様だとは思うのですが……カウンターには寄らずに、レベル不問の白い貼り紙ばかり何日も見に来られるのです」  カウンターの者に問われ、ヤチ公認勇者はニヤリと笑う。 「知っているもなにも、彼女はある意味有名さ。最弱の『レベル十の勇者』ってね」  ただ、このときは、まだ誰も知らない。  最弱の勇者ディミヌは、最強と恐れられる魔王クレシェの手から世界を救い、国王に呼ばれることを。 「望みはなにかないか、ディミヌ」  世に平和をもたらした勇者に、国王は満足そうに聞く。 「あります!」  これは、最弱の勇者とその仲間と、最強の魔王のお話。
/27

最初のコメントを投稿しよう!