一瞬で

1/1
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/27

一瞬で

「おっつかれ~! 我がパーティーの親愛なる勇者よ!」  彼女が出るや否や。建物の外で両手を上げて盛大に迎える緑のローブを羽織った、ひとりの青年。銀髪を前髪から一本に下で結わいている。けれど、二本の触覚のように、束で二本長く出ている前髪が特徴的だ。 「リンちゃん……恥ずかしいからやめて……」  過激な出迎えに彼女はひく。 「で、今日はワクコレでお仕事見つけられた?」  両手を上げたままにっこりと笑い続ける彼を見上げ、彼女は同じように笑う。 「まさか!」 「だよねー」  リンちゃん──こと、リンフォルは上げていた両腕の肘を折り、両手を頭のうしろで組む。何気なくふたりは歩き始めるが、 「はぁ……」  と、彼女のため息をしっかり聞いて、聞かないふりをする。そうして歩いていると、ふとリンフォルが口を開く。 「ねぇ、ディミヌ。あれ……なんだろう?」  遠い視線の先には、目の疑うような光景が。  ディミヌは駆けていき、リンフォルはそれを追う。  数分後、通り過ぎる人々が一ヶ所を必ず見ていく。道端でしゃがみ込むディミヌとリンフォルを皆、一瞥していくのだ。 「どう思う?」 「う~ん、『薄紫色のマントが落ちている』と答えるには……無理がありそうだなぁ」  ふたりは、なにかを覗き込んでいた。 「やっぱり、『人』だよねっ」  ディミヌは力強く右手を握る。それに対し、 「う~ん、助けたらイイお礼のひとつやふたつ……もらえるかなぁ」  と、倒れている女性の長い金髪の髪を眺めて言う。極めてゆるいで。人がうつ伏せで倒れているというのに。 「ちょっと、リンちゃん! 見返りを求めて……」 「はいはい。俺が悪かったよ」  言葉を途中で止めたものの、ディミヌの目は細くなっていく。 「いやらし~いこと、想像してたでしょ?」 「あれ、バレた?」  軽い返事に、ディミヌは目を開く。 「リンちゃんの不潔、フシダラ! 不誠実っ」  罵声を浴びせられても、リンフォルの口元はゆるんだまま。 「参ったな~」  と言っていても、その口ぶりはまったく参ってはいない。 「ディミヌもいつの間にか……『女の子』よりも、成長したんだね」 「え?」  リンフォルの言葉に驚いたと同時に、視界にもディミヌは驚く。道端にいたにも関わらず、いつの間にかどこかの室内だ。床には倒れていた女性もきちんといる。 「あ……れ?」  室内にディミヌの間抜けな声は響く。ディミヌは周囲を見渡すと、 「ここ、どこ? あれ、リンちゃん……いつの間にか魔法使ってた?」  と、呆然として言う。 「まぁ、俺は攻撃系の魔法が得意だけど、色んな魔法を巧みに使っちゃうからね」  こういうことは自ら言わない方が格好もつくのだが、ディミヌは慣れたもので、 「あ、瞬間移動の魔法?」  と首を傾げる。 「あったり~」  語尾に音符がついていそうなテンションでリンフォルは答える。 「さてと」  今度はさらりと言うと、リンフォルは立ち上がる。緑のローブの足元を払い、腰に両手を置いて、見渡す。 「フォルテが今日はここって決めたみたいね。で、俺……今、フォルテに会うわけにはいかないんだ。あとはよろしく!」  リンフォルは楽しそうにウインクをディミヌに飛ばす。 「え、もしかして……リンちゃん、またなにかしたの?」  戸惑うディミヌに対し、リンフォルは目の前にあるベッドを指さす。 「この距離なら、この子……ディミヌが乗せてあげられるでしょ」  リンフォルの言葉に、ディミヌは後方見た。確かに、ベッドがひとつある。それに、力だけで比べるなら、魔法使いのリンフォルよりも自分の方があるかもしれない。  そんなことを思ったのは、一瞬で。  すぐに性別と年齢差を思い出し、リンフォルに講義をしようとディミヌは思い直す。  しかし、ディミヌが再び顔を動かすと、リンフォルは部屋から姿を消していた。 「しかたないな……。床にずっと寝かせておきたくないし」  ディミヌは女性を持ち上げようとする。だが、どう見ても女性の方が身長も肉付きも良い。  重い――と思ってみても、このまま床に寝かせておくのはディミヌの良心が痛む。それに、考え直してみれば、女好きのリンフォルに触れさせなくてよかったとも思える。 「よっ……と!」  ディミヌは、小さな身体のどこにそんな力があったのか。女性を持ち上げる。  その直後、顔にやわらかさと弾力、人肌のあたたかさを感じて焦る。 「わぁ! ご、ごめんっ、わざとじゃ……」  女性の豊満な胸が、顔にあたり慌てたディミヌ。しかし、女性はぐっすりと眠ったままだった。  ディミヌは騒ぐ方がよくないと、微かに笑い、静かにベッドの上へと置く。女性の寝息を聞き、なぜかとても安心した。
/27

最初のコメントを投稿しよう!