あたたかいものに満ちて

1/1
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/27

あたたかいものに満ちて

 テーブルの上では、あたたかい食事が湯気を上げていた。女性は湯気の舞う中で、ディミヌとフォルテを視界に映しながら椅子に腰を下ろす。  なにをそんなに話すことがあるのか。ディミヌはフォルテにずっと話しかけている。  女性には見慣れない、幸せそうな光景。つい、ぼんやりと見つめてしまう。  女性の対面には、フォルテがいる。先ほど淡々と食事の用意をしていたかと思えば、今はディミヌに相づちつつ、落ち着きを払いながら箸を動かしている。  テーブルの上には色とりどりの、栄養の考えられた理想的な料理が並んでいる。これらを作ったのも、フォルテなのだろう。 (家庭的な人なのね)  声を聞いただけより、印象はぐんと良くなる。不器用なだけで、いい人なのかもしれないと思えてくるから不思議だ。  フォルテは女性よりずい分年上に思えた。それは、落ち着いている雰囲気のせいなのかもしれない。  見た目だけであれば二十代半ばだろうか。けれど、もっと年上に思えてしまうのは、どこかどっしりとした雰囲気が漂うせいかもしれない。到底、アットホームな人には感じられない。  それにも関わらず、目の前に広がる食事はどれも美味しそうに見える。手の込んでいそうな料理が並び、作り慣れているのがわかる。 「食わないの?」  いささか不機嫌な声が聞こえ、女性は慌てて箸を握る。 「あ……い、頂きます!」  見とれてしまっていたとは言えず、顔が熱くなる。女性は急いでジャガイモを取り、口へと入れる。  それを見て、右隣に座るディミヌが笑う。笑い声につられて右側を見ると、目がばっちり合った。 「ああ、私はディミヌ。一応、セプス国王公認の勇者」  女性が目を覚ましてからずい分経ったというのに、自己紹介をしていなかったと今更気づいたらしい。ディミヌは、国王公認の証明となる王の紋章が入ったマントの金具を指さし、へらっと笑う。 (なんだか、素直そうな子)  人懐っこい子犬のようだと、ディミヌを見る。 (かわいいなぁ。この子は年下かしら?)  ぼんやり女性がディミヌを見ていると、 「ってか、国王がお前を贔屓(ヒイキ)しただけだけどな。……俺は違う人とパーティーを組むはずだったのに……」  と、フォルテがつまらなさそうに言い、コントのようにうなだれている。  そのフォルテ姿は、余程の事情があったのだろうと思わせる。 「おふたりは……」 「違う、違うから! もうひとりいるからッ!」  ディミヌは過剰反応に、女性はつい、言葉が止まる。 「ディミヌ、まだ何も言われてないぞ」  フォルテの冷たいツッコミで、一気にディミヌの顔は真っ赤になっていく。  女性はくすくすと笑う。 「その『もうひとり』がいつもフラフラするから、こっちは大変で。俺らは単に同郷。ディミヌは俺の家の前に住んでたから、ガキのころからの顔見知り。で、フラフラしているもうひとりの奴と俺は、同級生」  フォルテの言葉に、ディミヌは何度も首を縦にする。  フォルテとディミヌは十歳近く離れているように見るが、親密な雰囲気が伝わってくる。 (もしかしたら、『恋人』と言われることがよくあるのかもしれない)  ぼんやりと仲の良いふたりを眺め、女性はそんなことを思う。  すでに『勇者』は『武道家』や『魔法使い』と同様に職業だ。ただし、『公認勇者』は色々と優遇を受けられるという。その公認勇者と一緒のパーティーなら、フォルテも優遇の恩恵を少なからず受けているだろうに、なぜ不満そうに言っていたのか。  ただし、『打倒、魔王』を掲げる勇者も中にはいる。特に、公認勇者には多いらしい。──女性には、聞かなけぱいけないことがある。 「そうそう、うちのパーティ弱いから」  ふと、脈略のない言葉が聞こえた。どうやら、女性がぼんやりしている間に、話は飛んでいたらしい。 「お前が断トツな」 「それは! しばらく……昇級試験を受けられていないだけだもん」 「ふ~ん」  すねるように言うディミヌに、フォルテは無関心に返事をする。  関係を知っても、このふたりは兄妹にも、友人にも、女性には見えない。 「フォルテ……その視線は、信用してないよね」 「レベル十ごとの壁が高すぎるって言い訳を、もう聞き飽きたからな」  淡々とふたりの会話が室内を流れていく。 「確かに、レベルが上がるほど、試験料も上がる。しばらく受けられていないのは確かだから、それは認める。ただな、試験を受ける前はレベル0だ。レベル十のお前は、誰が聞いても試験を受けているとわかる。しかも、レベル二十の試験料は、バカに高いわけでもない。尚且つ、落ちる奴の方が少ないくらいだ。……最高レベルの一万までなれとは、俺も言ってない。それこそ受講料は超高額だし、レベル一万の人間は、片手程だと言われているしな」 「うう……。レベルが資格制になって、力量を示すものとしては便利って言われているけど。でも、本当にそうなの? フォルテやリンちゃんみたいに、それ以上は試験を受けないって、受けなくなる人もいるじゃん」 「一般レベルを越えたら、ある程度の力量があると誰でもわかるようになるからな。俺は金の無駄遣いをしたくないだけだ。ただ、ディミヌには当てはまってないんだからな。うちのパーティーが弱いんじゃない。お前が弱いだけだ」 「あ~、もう、わかりました!」 「で、おたくはいくつなの? レベル」  フォルテは女性に聞く。すぐ横に座るディミヌも、いつの間にか女性を見ている。  初対面で互いにレベルを聞くのは不自然ではなく、行動をともにするときはよく聞くことだ。  互いのレベルを知らないまま行動をともにすれば、命取りになり兼ねない。  女性はどう答えるかと迷う。  ぼうっと聞いていても、ディミヌがレベル十、フォルテは平均レベルの五十以上だと頭に残った。 (どうしよう)  安易に嘘も言えない。だが、ふたりの視線を浴びているのも限界だ。  意を決して、口を開く。 「一……万」 (一万!?)  ディミヌとフォルテは同じ言葉を心の中で叫んだ。──直後、ふたりは固まる。  レベル一万の人間が片手程しかいないと言われている理由。それは、それだけの力量の持ち主がいないということもあるが、なにより試験料が超高額だから。  公にされていないその金額は、噂では国が買えると噂されている。  半分固まったままのディミヌは、 「へ、へぇ~。じゃぁ、やっぱり誘拐されてた……の、かな?」  と、なんとか言葉を発する。  女性は道端で倒れていた。理由はまだ話していない。誘拐されて、どこかから逃げてきたとすれば、誰もが納得する理由だろう。  どこかの国の姫や、資産家の娘であれば、身代金目的に誘拐されることも事件としては、よくある話だ。  しかし、フォルテはディミヌの言葉に、 (それはオカシイ)  と、冷静に思っていた。  例え誘拐されていたにしても、レベルが一万もあれば、捕まる前に相手を倒せるだろうと。  ディミヌは言葉を失い、フォルテは女性を疑い、女性は返答に困り口を閉ざす。  すっかり静かになった空間に、ドアの開く音が響く。一斉にドアに視線が集まった。 「たっだいま~~~」  弾む呑気な声。  緊迫した空気は一瞬で掻き消される。 「リンちゃん」  ディミヌが席を立つ。  リンフォルはフォルテの後ろを通り、キッチンへと歩いて行く。  そのあとを、ディミヌが子犬のようについていく。  フォルテが同級生と言っていたのは、この男性、リンフォルのことだ。身長は百七十㎝代。だが、筋肉質なフォルテとは、体格がまったく違う。リンフォルは細い。緑のローブで全身を覆っているが、細いシルエットが時折浮き立つ。 「リンフォル! お前、また懲りずに食費に手をつけただろ?」  鼻歌交じりのリンフォルに、フォルテは抗議する。立ち上がったフォルテは速く、すぐにリンフォルの隣に並んだ。フォルテの方が十センチくらい背が高い。  フォルテは視線を鋭くしていたが、リンフォルには『いつものこと』のようで、変わらずににこやかに笑っている。 「いぃじゃない~、今日は先週の分も取り返してきたからさ」 「よくない。お前は俺らを飢え死にさせるところだったんだぞ!」  どこぞの主婦かと思わせるようなリンフォルの手振りを、フォルテは叩く。遠目で見ている分には、コントだ。  しかし、そのコントを傍観するのは女性のみ。  ディミヌはリンフォルになにかを言いたそうだ。その様子に気づいたのか、リンフォルは一瞬だけディミヌを見ると、大きく息を吸う。 「あ~、いい匂いだねフォルテ。俺も食べたいな~、おいしい手料理」  軽く弾む声に、フォルテはムッとしながらも鍋のある方へと歩き出す。  フォルテが鍋に火をつけたころ、手を叩いた音が室内に広がった。ディミヌだ。 「そんなに喜んでもらえるなら、買ってきた甲斐があったってもんだね」 「リンちゃん、ありがとう」  リンフォルはディミヌに何かを買ってきたようだ。 「あんまりディミヌを甘やかすなよ」 「い~じゃない。女の子なんだから」  フォルテの感情のない声に、リンフォルはゆるい声を返す。  そんな光景を女性は、 (楽しそうだなぁ)  と見ていた。その視線に、リンフォルは視線を動かす。 「あれ?」  ふと、女性の視線とリンフォルの視線は合う。女性を見たリンフォルは足を動かす。顔の筋肉を緩ませて。 「かっわい~ってか、美人さん? 前髪パッツンって心臓抉られそうなんだけど」  相変わらず弾んでいるリンフォルの声。  近づいて来ていると女性は認識していたが、気づいたときは、抱きつかれていた。  女性の背中に回された両腕はあたたかく、やさしい。──けれど、このまま受け止められるものでもない。 「バカッ!」  フォルテの声に、女性は我に返る。 「止めて下さいっ!!」  フォルテと女性の声は、ほぼ同時。  ふたりの叫び声が室内を走ったかと思うと、リンフォルは一瞬で部屋の壁に激突する。  衝突した後、重力に従いリンフォルは倒れ込む。  血だらけのリンフォルの様子から、残りの体力は極わずか。体力表示が白から赤に変わり、瀕死の状態とわかる状態になっていた。
/27

最初のコメントを投稿しよう!