プロローグ

1/1
360人が本棚に入れています
本棚に追加
/11

プロローグ

 花のような香りに、はっと顔をあげた。  隣には嬉し涙を流す花嫁がいるのに、ホテルのロビーに溢れる人混みに、君の姿を探してしまった。  昨夜……最後に君を抱き、別れを誓った俺達を繋ぐものは、もう何もない。  だからこれは残り香だと分かっているのに、記憶が君を求めてしまうなんて。  
/11

最初のコメントを投稿しよう!