サヨナラ

1/1
363人が本棚に入れています
本棚に追加
/11

サヨナラ

 ホテルのロビーの柱の陰で、そっと一馬(カズマ)のことを見送った。  僕はよく磨かれた黒い大理石に映る影にすら気を付けて、気配を消して佇んでいた。    (お前を永遠に葬るために、敢えてここに来たんだよ)  螺旋階段の踊り場で嬉しさのあまり涙ぐむ花嫁と記念撮影をしていたお前は、突然はっと顔をあげ、こちらを険しい目つきで見渡したので、慌てて隠れた。  ふぅ……見つかっていないよな。  「もうこれで永遠のサヨナラだ」 ****  一馬とは大学の古めかしい学生寮で隣同士になったのが縁だった。  僕が函館出身でお前が大分出身と北と南で真逆なのが面白くて、すぐに仲良くなったよな。  一馬は自分がバイセクシャルだということを最初から隠していなかった。異性にも同性にも性的欲求を持てると明かされた時は、北海道から出て来たばかりの初心な僕は流石に驚いたけれども、それよりも頼り甲斐があって優しい性格に、すっかり心を許していた。  知り合って半年過ぎた頃、僕の高校からの遠距離恋愛がダメになり、一馬に慰めてもらったことがきっかけで始まった秘密の恋だった。 (瑞樹(ミズキ)は優しいよ。誰よりも優しいし、女よりもずっと可愛い) (えっ……ちょっと待って。あっ……)  そのまま雰囲気に流される形で押し倒されて初めて同性に抱かれたが、僕はその時点ではもう一馬のことが好きになっていたので……少し怖かったが嬉しさの方が勝っていた。  それから思ったより長く続いたよな。    大学卒業と同時に寮を出て、僕は都内のホテルに一馬は都内の一流商社に就職した。  流石にバラバラに一人暮らしをするのかと思ったら、お前の方から同棲しようと言い出したんだぞ。  (瑞樹……卒業してもずっと傍にいてくれ。一緒に暮らそう)  僕は一瞬、将来に思いを馳せ……戸惑った。でもお前だから、お前となら男同士の人生を突き進めると思って了承した。  僕たちは最初の一年、二年は順調だったよな。  ところが…… 「ごめん。俺は長男なのに東京で就職しただろう。それで実家の旅館の跡を継ぐ継がないで親と揉めちゃって……だからどうしても親からの見合い話を断れなかった。その、地元の有力者のお嬢さんで、東京で就職している女性と会うことになった。しょうがないんだ……許してくれ」 「……そっか」 「でも見合いだけだから。一度すれば親も満足するだろうから。なっ、俺が愛してるのは瑞樹だけだ」 「……うん」  そう言われても不安は拭えなかった。  案の定見合いから始まった出会いは順調に育ってしまったようで、僕とは違う誰かの匂いを纏い帰宅するお前のことを、見て見ぬふりすることが多くなった。    知らないふりをすれば一馬との仲を維持できると思った僕は、浅はかで愚かだった。結局、就職して三年目の春に、別れを切り出された。  そんな予兆は少し前からあったので、思ったより冷静に受け止めている自分に苦笑したほどだ。しかも一馬のお父さんの末期癌が判明し、余命が幾ばくもないという知らせから急展開してしまった。 「ゴメン……父さんが生きているうちに旅館を継ぐことになった。急な話だが会社辞めて実家に戻ることに……その前に彼女の希望でこっちで結婚式を挙げていくことになった」  そうか……別れだけでなくお前は結婚までしてしまうのか。  一馬の人生のレールから、僕はとっくに外れていたことに気づいた瞬間だった。  どうしたって僕が身を引くしかなかった。  なぁ……僕はどうしたらよかった?  あの時、泣き叫べば良かった?  お前が好きだ!  絶対に離さないと!  そんなこと出来ないよ。  お前の未来、お前の立場……全部奪うなんて僕には出来なかった。    
/11

最初のコメントを投稿しよう!