ふたつの指輪

1/1
357人が本棚に入れています
本棚に追加
/11

ふたつの指輪

 ホテルの正面玄関から黒塗りの馬車に乗り、嬉し涙を浮かべる花嫁と共に都会の街に消えて行くお前の姿を、そっと見送った。  「サヨナラ……一馬、幸せになれよ」  ホテルに背を向けて一歩また一歩と、決して振り向かずに、重たい足を踏み出した。  これからどうしよう。どうやって生きて行こうかな。  ポツンと残されたことへの脱力感が急に溢れ出す。  そのまま近くに流れる川沿いの遊歩道を、あてもなく歩いた。どこに辿り着くのか分からないが、ここじゃない何処かに……見知らぬ場所に行きたかった。  一馬と暮らしたあの部屋に、このまま真っすぐ戻れなかった。  僕はとうとう独りになった。  五月の薫風が爽やか過ぎて、新緑が眩し過ぎて……涙が零れた。  やっと泣けた。  ポロポロと零れる涙は、風に攫われる。  中途半端に放り出されたこの気持ちを、どうしたらいいのか分からない。  やがて細い川は終わり運河になり、その先には海が開けていた。運河を囲むように芝生が広がっていて、大きな鯨の形の滑り台や赤いブランコがあった。 「こんな所に公園が……」  泣きながら歩いてきたので、涙のせいで目元が赤くなっているかもしれない。家族の笑みが溢れ子供が走り回る日曜日の昼下がりの公園に、不釣り合いな酷い顔をしていると思うと、急に恥ずかしくなった。でも帰るに帰れない所に僕は立っていた。  ここで少しだけ休んで行こうかな。  手の甲で目を隠して芝生に寝転んでうとうとしていると、急に子供の声が降ってきたので、飛び起きた。 「お兄ちゃん、泣いてるの?」  あどけない笑顔の男の子だった。 「これあげる!悲しいココロによく効くってパパが言ってたよ」  小さな男の子は何を思ったのか、僕の指にシロツメクサで作った指輪をそっとはめてくれた。でも僕は一馬とお嫁さんが交わした真新しい結婚指輪を思い出し、馬鹿みたいにその場で泣き崩れてしまった。 「うっ……うう……う」  まずい……嗚咽がもう止まらない。 「おっお兄ちゃん大丈夫?どこか痛いの?パパを呼んでくるね!」  
/11

最初のコメントを投稿しよう!