嫌われ者の願いは一つ

嫌われ者の願いはたったの一つだけ。

23 482

40分 (23599文字)
お読みいただきありがとうございます。最後まで読んでいただけるとありがたいです!

あらすじ

嫌われ者の願いはたったの一つ。それがみなさんにわかるでしょうか……? おそらく30ページくらいで完結になりますが、毎日ペースで1ページずつ更新していきます! ぜひ毎日のぞいてみてください^_^ 内容

目次 1エピソード

感想・レビュー 6

とても良かったです!

一気に読んでしまいました!とても悲しくて温まる話です。友達にしか名前を明かさない魔女がとてもいじらしくて、可愛らしくて切なかったです……

ネット社会の怖さにも通じるテーマだと感じました

冒頭の泥棒に疑われ、非難される場面はネット社会の怖さにも通じるテーマだと感じました。たとえ、冤罪であっても、大勢の人間が「魔女だ」と指さし、濡れ衣を着せれば、それが真実になってしまう。しかも、本物の犯

逃げと取るか昇華取るか

によって、バットかハッピーか、受け手によっては印象が分かれる最後だなと思いました。 30P以内の中で、まとめるのは、さぞご苦労だったと勝手に推測します。 この後の女神の心情を思うと、若干の後日談が見て
もっと見る

その他情報

公開日 2019/7/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る