謎にハーブいちごジャムを添えて

2/8
111人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
【騒がしいぞ!】  小動物は、ぐるっと身体を丸め、全身の針を立てて威嚇する。  ――どうして、ハリネズミが?  ヒロが驚いていると、再びハリネズミは顔を出した。 「ゲージ開いてたのかしら? 寝ていたのに起こしちゃってごめんね」  絵麻はやさしく話しかける。 「え、君、ハリネズミの言葉が分かるの?」  ヒロが訊くと、「なんとなくですけど」、絵麻がまんざらでもなさそうな表情になる。 【人間においらの言葉が分かるわけないだろ。何言ってんだ】  ハリネズミが、ヒロを睨み付けてきた。 「え、こいつ、人間に言葉が分かるわけない、って言ったよ?」 「ふふっ。怒ってるんですよ。ハリーは夜行性ですから」  楽しそうに絵麻は答える。 「ハリネズミのハリーか、安易だな」  ヒロが笑うと、 【ハリー堀田なんて名前をつけたの、お前な!】  ハリーはますます怒りをあらわにした。 「ハリー・ホッタ? どっかの魔法使いみたいじゃないか」 【魔法使いは、お前な!】 「俺が、魔法使い?」  くくく、とヒロは腹を抱えた。 【そしておいらは、ヒロの使い魔のハリーだ。おまえ、頭どうかしちゃったのか?】  ハリーが呆れたように言った。すると。  ――そうだ、ハリーは俺の使い魔だ。  また、記憶が蘇る。  ヒロは、ある法則に気づいた。自分は何かを忘れているようだが、すべてではない。なぜなら、鍋で頭をぶつけたことは覚えているし、ここがカフェであることも理解している。  ――部分的な、記憶喪失?  記憶喪失という単語さえ、さらっと浮かんだ。 「店長、やっぱり変ですよ? 変っていうか、気持ち悪い……」  絵麻がヒロを警戒しはじめた。 「大丈夫だって。よし、話をまとめよう。俺は、店長の堀田。こいつが、ハリネズミのハリー。さしずめ、君は……、ハーマイオニー?」 「私は、バイトの桜田です」 「桜田さん……そうか、君は、ファミリア(使い魔)の桜田さんだ」  すっきりした笑顔で言うヒロに、ハリーは突っ込む。 【何度も言うが、桜田はただの人間だ!】  ――そうか、ハリーと桜田さんは俺の使役なのか。  しかしヒロは、記憶の迷路をひたすら彷徨うだけだった。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!