ハロウィンかぼちゃのドフィノワ風

9/9
90人が本棚に入れています
本棚に追加
/27
「もう。店長はまだ物忘れなんて年じゃないですよー」  絵麻はいつもの調子に戻っていた。 (二百歳差だけどね)  ヒロは、かぼちゃを口に入れる。ホクホクして甘い。ちゃんと熟れていたようだ。  目の前を絵麻も、幸せそうに食事を続ける。  誰かの笑顔が見たくて自分はカフェをはじめたのではないか、ふと、ヒロはそんなことを思った。  魔法が使えないことに不便は感じないけれど、大事なことを忘れているようで気がかりだった。  絵麻とハリーとの日々はそれなりに充実している。思い出す必要はないのかもしれない。 「店長、ドフィノワ、秋の新メニューにしましょう。ぜったい人気出ますよ」 「桜田さんがそう言うなら」  絵麻の言葉に、俺って天才かも、と調子にのる単純なヒロだった。  それから二週間後、しっかり熟したかぼちゃはママたちの手に戻された。てんぷら、煮物、味噌汁、サラダなどなど、美味しい料理となり食卓に無事並んだようである。
/27

最初のコメントを投稿しよう!