透き通ったバク

 宇宙からやって来た悲しみを食べるバクとJKの一年一夜の物語

5 17

2時間27分 (87,719文字)
暑中(熱中?)お見舞い申し上げます。完結しています。今後もよろしくお願い致します

あらすじ

高校2年生のアイリは、ある夜、帰り道で小さなバクを拾う。自らを宇宙から来た戦闘機パイロットと名乗るバクはこの世界で、夢ならぬ悲しみを食べるミッションを帯びていると言う。夢か現実か解らないまま巻き込まれ

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/7/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る