一話

1/1
42人が本棚に入れています
本棚に追加
/15

一話

どうしてこうなったのかそれは数時間前に遡る 「ナツー!」 「ん?」 もう、授業が終り帰ろうとリュックを肩掛けていると後ろから声をかけられた 「帰るだろ!ならさ、飯食ってかね?」 「悪いけどパス」 「ええ!!!!何でだよ!!!」 金髪がやけに目につくこいつは進藤正良(まさよし)とにかく明るくてやかましいだが悪い奴ではないのでそんなに嫌いではない 「こら、正良(まさよし)」 そういいながら正良(まさよし)の頭を殴るのは仲島宗一(そういち) こいつはとにかく真面目だそして正良(まさよし)のストッパー 「夏広(なつひろ)は用事があるんだよ無理に付き合わせるな」 「ぶー」 宗一(そういち)の言葉に膨れる 「悪いな」 「いいよ、行ってこいよ」 宗一は笑顔でいった 「待ってるんだろ?」 俺は小さく頷いた 俺は、二人にまた飯を食う約束して走り出した 俺は、あいつに会いに行く 学校の前であいつが待っていた 「(はやて)!」 そう言うと(はやて)は手を振って笑うその優しい笑顔 俺、草凪(くさなぎ)夏広(なつひろ)は前澤(はやて)と付き合っていた
/15

最初のコメントを投稿しよう!