腕食い漫画家

3/3
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ
── 女子高生漫画家として華々しいデビューを飾られてから、20年。先生が活躍し続けるその秘訣は、なんですか? 三島先生「そうですね。ちょっと、読者さんにはびっくりするような話になるかと思います」 ── ビックリするような話ですか? 三島先生「私はずっと、自分の漫画が嫌いです。嫌いで嫌いで、たまらなくて、でもこれ以外に気持ちを伝える方法を知らなくて、ずっと描いているんです。だから活躍というより……呼吸みたいなものなんでしょうね」 ── それは何かのきっかけがあったのですか? 三島先生「さぁ……。しいて言えば、腕を食べたことでしょうか」 ── 腕、ですか? 三島先生「はい。腕です。私、昔、天才って呼ばれた友人の腕を食べてしまったんですよ……というのは冗談ですけどね(笑)」
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!