苦い過去、その1

1/1
5715人が本棚に入れています
本棚に追加
/201

苦い過去、その1

石原 水菜(いしはら みずな) 高校を卒業して、就職を選び上京。 家賃の安いところを見つけて、自分なりの過ごしやすい部屋に模様変え。 仕事も覚えて、それなりに何とかなり始めた頃、会社の人に歓迎会と言われて、駅前の居酒屋に連れて行かれた。 飲めないから、食事だけ頂いてお開きになる。 社長が会計を済ませてお礼を言い、店をぞろぞろ出始めて、最後に出ようとすると、声を掛けられた。 「石原? もしかして石原水菜?」 「え?北本君?高校の?」 「そう、凄いな?こんなとこで会うなんて。」 高校の同級生。 田舎から出て来て、こんなとこで会うのは確かに凄いと思えた。 だから思わず連絡先を交換してしまった。 何度かご飯のお誘いの連絡があり、何度か断るも、粘り強く誘ってくれるので、一度だけと思い約束をした。 派手なイメージだったけど、話してみたら真面目で楽しかった。 彼は大学に通っていた。 1ヶ月後にはカレカノになってた。 初めての彼氏で浮かれていたかもしれない。 アパートの鍵ももらって、嬉しかった。 掃除に行ったり、食事を作ったり、押しかけ女房だったと思う。 仕事が早く終わり、彼のアパートに行った。 (寝てるかも…今、レポート忙しいって話してたし…。) 鍵を静かに開けて入ると、女性の喘ぎ声。 頭が真っ白になる。 「いいの?彼女、いたんでしょ?」 喘ぎ声の主が話す声が聞こえる。 「知ってて来たんでしょ?色々、やってくれるんだけどさ、貧乏臭いって言うの?彼女っていうよりは母親? こういうのもまだだしね?」 「ん、なんで?どの、くらい、付き合ってんの?」 「半年?出来ないのは、彼女って言うか?」 「あん!」 ショック過ぎて、震える指で鍵をテーブルに乗せた。 口を手で塞ぎながら、女性の喘ぎ声を聞きながら、後ろ向きにそろそろと下がり、静かに玄関を閉めた。 次の日に、彼からメールが来た。 ショックでそれも忘れていた。 『昨日、来た?朝、テーブルに鍵があったから、何時頃来たの?』 (寝ないと浮気されてもしょうがないのかな?) アドレスを消去した。 今までのメールも消去した。 着信拒否もした。 初めての彼に教えられたのは、彼女になったら寝ないとダメ。
/201

最初のコメントを投稿しよう!