苦い過去、その2

1/1
5715人が本棚に入れています
本棚に追加
/201

苦い過去、その2

20歳になり、休みの日に映画を見に行って、横にいた人が映画が終わると、凄く号泣していて、街で配っていたティッシュを渡した。 「いや、悪いし…。」 「これ、配っているのだから。気にしないで。じゃあ。」 映画館を出た所で、彼は走って追いかけて来た。 「お礼、させて?今の映画の話、しない?」 優しそうな笑顔だったから、思わず喫茶店まで同行した。 楽しかった。 映画の話も、泣いていた彼も好感が持てた。 付き合い出すのに時間もかからなかった。 彼は地元の大学生で、家は隣の駅だと聞いた。 実家暮らしは息苦しいからと、大学に近い方でアパートを借りていると聞いた。 初めて行った時は驚いた。 マンションだった。2LDK、一人暮らしに、凄いなと思った。 ここでも彼に鍵をもらった。 受け取ると過去の彼を思い出す。 「いい……。こういうのは、いらない。」 拒否をすると、笑いながら言う。 「隠す事はありませんって証明でしょ?遠慮なく遊びに来てよ。 レポートで忙しい時は相手できないけど、会えたら嬉しいし。」 照れた笑顔に負けて、鍵を受け取った。 これが失敗の始まり。 大学四年生の彼は本当に忙しくて、レポートを手伝う事もあった。 「ここから引用して、ここまで。パソコン使えるよね?」 「うん、分かった。」 引用するレポートでいいなら私でも大学行けたな…とか思いつつ、パソコンに入力して印刷した。 この頃、パソコン面白いかも、と思い、会社で使うだけだったけど、情報処理というよく分からないけど夜間の専門学校に通い出して、自分でノーパソを奮発して買った。 専門学校の休みだったから、夕飯を作りに彼の部屋に行った。 鍵を開けた瞬間、嫌な思い出が一気に現れた。 玄関横の部屋から声が聞こえた。 (ああ……あの声だ。彼とは……寝たけど……。) そっとドアを開けた。 裸の二人、誤解だという彼と、悲鳴をあげる女。 (サイテーだ。) 手にした鍵を握りしめた。 「誤解だよ。」 言いながら布団を下半身に巻いて歩いてくる男の何が誤解なのか、と思ってしまい、近付いて来るのも嫌になる。 思わず、顔に鍵を投げ付けた。 「誤解じゃない!お邪魔しました。もう二度と来ないから!さようなら!」 「みい、誤解だよ!」 玄関をバンと閉めて走って逃げた。 追い掛けても来なかった。 一年も付き合って、寝て、結果、同じ。 泣きながら家に帰る、自分が悪いのかと思う。 嫌になった。 もう、男はいらない……辛い思いをして、痛いのを我慢してしたのに、いい事なんて何もなかった。 二番目の彼から学んだのは、パソコンの面白さ。 石原水菜は、もう二度と彼氏は作らない。 一人が気楽。 そこに行き着くと、服も変わった。 地味な色を選んだ。 二度と声なんてかけられない様に。
/201

最初のコメントを投稿しよう!