序章   『十種神宝』

1/5
519人が本棚に入れています
本棚に追加
/731ページ

序章   『十種神宝』

荒覇吐(あらはばき)様!荒覇吐様!」 悲鳴のような呼びかけに目を覚ます。 つけていたはずの灯明皿の灯も消えている。 魚油が切れていた。 刻は彼誰時であろう。 闇の深さと涼しさから見当をつける。 夜着をはねあげ、錫杖を手に出口に向かうと、大幣が待ちきれぬとばかりに岩屋にかかる幕をあげた。 その顔は色を失い、苦悶に歪んでいた。 「大和の軍勢が押し寄せてまいりました」 岩屋を出て眼下に目をやった。 闇の残る中、軍勢の先鋒は鉄囲峠(てっちとうげ)を越え、集落に迫っていた。 国を囲む鉄囲山の峰を伝い、包囲しようとする一団もある。 わが国の民を一人たりとも逃がすまいとしているのだ。 日の出前の薄暗い(みなと)には、大小数百艘の船が浮かんでいた。 樋ノ口あたりから火の手が上がっている。
/731ページ

最初のコメントを投稿しよう!