【出逢い編】涙の雨 1

1/1
2798人が本棚に入れています
本棚に追加
/434ページ

【出逢い編】涙の雨 1

「パパー大変なの!」  日曜日の昼下がり。  いつもの公園の芝生の上で転寝をしていると、息子が血相を変えて飛び込んできた。 「どうした? また転んだのか」  さっきまですぐ横でシロツメグサの王冠や指輪を作ったり、四葉のクローバーを探して遊んでいたのに、俺としたことが目を離して……これじゃ父親失格だな。また親や近所の人に怒らてしまう。  慌てて息子の芽生(メイ)の体を隈なくチェックするが、ケガをはしていないようで、ほっとした。なのに息子は今にも泣きそうな顔をしている。 「どうした? ケガしていないぞ」 「違うの! あっちでお兄ちゃんがエーンエーンって泣いているから早く来て! どこかケガしちゃったのかも」 「んっどこだ?」  4歳の息子にグイグイと手を引かれ芝生の山を駆け降りると、運河沿いの芝生で一人の青年が項垂れ、肩をブルブルと震わせていた。  どうやら遠目からでも分かる程、激しく泣いているようだった。    近づいてみて、はっとした。彼はまだ若い青年で、日曜日の長閑な公園に不釣り合いの黒い礼服姿だった。もしかして結婚式の帰りなのか。    あーあ芝生に膝をついて、手は土まみれになっているじゃないか。  放っておけない。  俺も妻から離婚を切り出された時、あんな風に悔しくて悲しくて泣いたことを思い出していた。 (信じられない!あなたってゲイだったの? バイ? そんなのどうでもいいわ。もぉ最低よ! 隠して私と結婚するなんて!) (玲子……) (近寄らないで! すぐに離婚するわ! 芽生はあなたが引き取ってよ)  妻だった玲子から軽蔑された目で見降ろされ、何の罪もない芽生は置いて行かれた。あれから必死に芽生とふたりで生活してきた。 「うっ……うう……」  嗚咽をあげて泣きじゃくる彼の元に駆け寄り、声を掛けてみた。 「どうした? 大丈夫か」  ビクッと驚いて顔をあげた彼の顔を見て、俺の方が大きく息を呑んだ。驚いたことに彼は、俺がよく知る青年だった。  「君は……」  彼のことはずっと見ていた。芽生を送る幼稚園のバス停の道で、いつも見かけていた青年だ。でも俺が知る彼は、こんな悲痛な顔はしていなかった。  一体何があったのか、とにかく心配だ。
/434ページ

最初のコメントを投稿しよう!