淡い恋 1
1/1
3/14

淡い恋 1

 本音を言うと……  泣きじゃくる彼を、この腕でギュッと抱きしめてやりたかった。  涙の雨をそっと拭いてあげたかった。  だが…… 「パパーどうしたの。さっきから難しいお顔でぼんやりしてるよーあぁ!お肉も焦げてるよ」 「わっごめんよ」  芽生と家に戻って来てからも、先ほどの偶然の出会いを思い出して上の空になっていたことを反省した。  俺はまだ四歳の芽生の父親だ。浮ついた恋をしている場合ではないと、世間は言うかもしれない。  だけど俺だって、また恋をしたい。  何の花の匂いか分からないが、彼の身体からはやわらかい花の香りがした。  あんな状態だったのに、俺のことを気にかけてくれるなんて正直驚いた。  君は心が優しいんだな。  ずっと遠くから眺めているだけだった彼が、すぐ手を伸ばせば届く距離にいることに胸が高鳴った。  だが……もう傷つけるだけの恋はしたくない。  だからつい柄にもなく今日は憶病になってしまった。でももしも今後……彼の方が俺に気が付いてくれたら、その時は……友達からでいい。ゆっくりでいいから歩み寄ってみたいと心の底から願ってしまった。  それにしても至近距離で見た彼は、可憐な雰囲気で本当に可愛かったな。  あの唇に、あの躰に……いつか触れることができるだろうか。   「パパってば、こんどはニヤけてる!」 「えっ」 「なんか気持ち悪いよ~」 「やっぱり公園のお兄ちゃんのことスキなんだー」  がっくしと肩を落とした。四歳の息子にこんなことを言われるとは不覚だ。 「コイツっ!なぁ……芽生にも『スキ』って気持ちわかるのか」 「うん!」 「へぇ本当か」 「分かるもん!僕はコータくんが好き!」 「んっ?ははっ、流石俺の息子だな」  玲子と離婚してもうすぐ一年経つが、この子がいたから救われた。こうやって笑いあえる相手がいることに感謝している。  玲子が出て行った一軒家には住んでいることは出来なくてすぐに引き払い、駅に近いマンションに引っ越した。    歩いて通っていた幼稚園へはバス通園になってしまったが、それはそれでお母さんの知り合いが出来たからよしとするか。  幸い俺の仕事は出社時間を選べるので、思い切ってお母さんたちの井戸端会議というものに参加してみたら、意外とすんなり受け入れてもらえたんだよな。  
3/14

最初のコメントを投稿しよう!