プロローグ

1/1
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/28

プロローグ

 狭い生活空間の一角。  古びた食卓の上に一枚のメモが乗っていた。 「ごめんなさい。私はあなたとの生活に疲れ切りました。出ていく事を、許してください」  メモにはそう書かれている。  男はその食卓の椅子に腰かけ、酒をあおっていた。  目は赤く、イライラとした仕草を繰り返している。 「エミリア……どうして……」  彼の口からは何度もこんな言葉が出てきた。  誰からも返事は無い。  昨日まで二人の人間がいたはずの場所には、今や彼一人しかいなかった。  薄暗い部屋の中で、彼はただ酒を飲み続けていた。
/28

最初のコメントを投稿しよう!