ツルハシの男

1/1
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/28

ツルハシの男

 暑い季節だった。  空は濃い青色に広がり、大きな白い雲がくっきりとしたコントラストを描き出している。  石畳は降り注ぐ陽光を容赦なく照り返し、路上には陽炎が立ち上っていた。  誰もが汗を流しながら道を行きかう。  日差しがどれだけ厳しくとも、気温がどれほど高くとも、人々が生きるための営みが止まる事は無い。その一つが労働である。  どれだけ暑くとも鍛冶屋の工房には熱気が溢れ、酒場では怒声が飛び交い、鉱山では男達が重たいつるはしを振るう。露店商は声を張り上げて客を呼び、物乞いはどれだけ邪険にされようとも人々の好意を欲するのだ。  一人の男が城下町の石畳を歩いていた。  初老で、白髪混じりの無精ひげを生やしていた。日焼けした茶色の肌に、くっきりと年齢を感じさせる皺が彫り込まれている。その皺の一つ一つから汗を滴らせ、それを時折腕で拭っては歩き続けていた。  肘や襟の部分が擦れてぼろぼろの草臥れた上着。  継ぎ当てだらけで足首がむき出しのズボン。  穴の開いた帽子をかぶった彼は、肩に大きなツルハシを担いでいた。  ツルハシの柄を握る手は、がっしりとした大きな手。袖から覗く腕も引き締まっているように見えた。 「現場はどこだ?」  ツルハシを持っているのと反対の手で持っている紙切れ。そこに地図でも書いてあるのか、紙に汗を垂らしながら、それを時折見ては石畳の道を歩き続けている。  男はイライラしている様子だった。 「クソ、分かりにくい地図だ。どこなんだ現場は!?」  紙切れを見ながら、ぶつぶつと悪態をついている男を、通りを歩く人々は怪訝な目で見ていた。何しろ男は何度も同じところを行ったり来たりしていたのだ。  やがて男はツルハシをその場に投げ捨てた。 「やってられるか、こんな事!! 俺を誰だと思っている!!」  そう叫び、そのまま歩き去ろうとする。 「おい、そんなところに道具を置いて行くなよ」  通行人が去ろうとする彼の背中にそう声をかけた。 「だったら貴様にくれてやる!!」  男はそう叫び、そのまま細い通りへと歩いて行った。
/28

最初のコメントを投稿しよう!