酒場

1/2
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/28

酒場

 細い通りを歩いていた男は、ふと喉の渇きを感じた。  周囲を見回すと、酒場の看板が見えた。  近寄ってみれば、どうやら営業しているらしかった。  昼酒をたしなむものも多いのだろう、と思い、男はそう言う連中に軽く感謝をした。 「水を飲ませてもらうとしよう」  誰にともなくそう呟いて、彼は酒場へと入って行った。  昼の酒場に客はおらず、若い見習いのバーテンダーだけが店番を任されていた。  日は当たらない癖に室内の気温は高かった。客も来ないため、ただ暇だった。おかげで余計に暑さを感じていた。店の主人から、売り物に手を付けたらクビだと言われていたため、彼はひたすらカウンターの内側で立っているしかなかった。 「暑い……。早く涼しくなれってんだ」  見習いはイライラしていた。  自分だけが貧乏くじを引かされた哀れな男だと感じていた。  だから、もし今客が入って来たら、多少イライラをぶつけるぐらいは許されると思っていた。  そこへ入ってきたのが身なりの汚い男だった。  おまけに汗をぽたぽたと垂らして、来ているぼろ服にも汗染みが出来ている。  寄りにも寄ってこんな薄汚い奴か、と見習いは露骨に顔をしかめた。  男はそれに何ら不快な様子を見せたりはしなかった。  ただ、カウンターに近づき、見習いにこう言った。 「水を一杯飲ませてくれ」 「タダで飲ませる水なんかねぇよ」 「ああ、それもそうか。いくらだ? 小銭なら持ってる」  男はカウンターの上にポケットから出した銅貨を何枚か置いた。 「そんなはした金で飲ませられるかよ。この時間の水は貴重なんだからな」 「そうはいっても喉が渇いているんだよ。頼む、この金で貰えるだけの水で良い」 「ダメだね。お前みたいなのに飲ませる水なんかねぇよ」 「何だと!!」  男は怒鳴り、カウンターをバン、と叩いた。ミシィッと頑丈な木材で作られているはずのカウンターが軋んだ。 「貴様、俺が誰だか知っているのか?」  銅貨が一瞬宙に浮き、もう一度落ちてきてカウンターの上で甲高い音を立てる。
/28

最初のコメントを投稿しよう!