1 突然の同居生活

1/18
157人が本棚に入れています
本棚に追加
/169ページ

1 突然の同居生活

 ふかふか、ふわふわ……やわらかいものが触れてくる。  なんだか雲の上でお昼寝しているみたい。  あったかくて、きもちいい。  このままずっと、こうやっていられたらいいのになぁ……。 「んなぁ~ご」  突然聞こえた、にごった鳴き声。  驚いて目を開くと、わたしのお腹の上に巨大な猫がのっている。 「おもっ……!」  ベッドの上で体を起こすと、猫がお腹から落ちて、ぬいぐるみみたいにゴロンと転がった。  雲の上なんかじゃない。わたしに触れていたのは、このでっかい茶トラ猫だ。 「あ、ミル。こんなところにいた」 「ひっ……」  部屋に入ってくるその気配に、わたしは声にならない声を出し、タオルケットを引っ張り上げた。 「ダメだろ。こんなところに入ったら」 「にゃ~ご」  ゴロゴロ喉を鳴らしはじめた茶トラが、すっと抱き上げられる。  おそるおそる視線を向けると、制服を着た背の高い男の子が、わたしのことを見下ろしていた。 「おはよ」 「……おは、ようございます」  あ、ヘンなところで息つぎしちゃった。 「朝メシ、できてるって」  男の子は無表情のままそう言うと、猫をどさっと肩の上に乗せ、部屋から出て行った。  トントンっと階段を降りる足音が小さくなる。わたしはタオルケットを頭からかぶる。 「やだぁっ」  見られた。わたしのパジャマ姿。ぼさぼさ頭も。寝起きの顔も。 「やだぁ……」  開けっ放しのドアの向こうから、猫がまたかわいくない声で、「なぁ~ご」と鳴くのが聞こえてきた。
/169ページ

最初のコメントを投稿しよう!