嫌いの向こう側

1/8
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/8

嫌いの向こう側

「朝倉さん。俺と付き合ってくださいっ!」 「嫌です」  冷凍ショーケースより冷ややかな美月(みつき)の声が、陽太(ひなた)の熱い想いを一瞬で凍り付かせる。 「今度は何がダメなんですか?」  陽太が必死で食い下がる。 「百四十円になります。スプーンはお付けしますか?」 「ああ……。お願いします……。じゃなくて!」  レジ脇のケースからスプーンを取り出しながら、「袋はご利用ですか?」朝倉美月は無表情で問いかける。 「ああ……。お願いします……。じゃなくて!」  リピートする陽太の目の前に、「ありがとうございました」美月はにっこり笑って、レジ袋に入ったカップアイスを差し出した。 「はぁぁぁぁぁ……」    長い溜息と共に、陽太はレジ袋を受け取った。  瞬間、少しだけ指先が触れ合う。その手を素早く引っ込めると、「お待たせいたしました」美月の視線が次の客へと向けられた。 「あの……。一体何が……?」  身体一つ分横へズレると、陽太は諦めきれずに再び聞いた。 「声です」  バーコードリーダーを持つ手を休めることなく、無機質な声で美月が答えた。 「声……?」 「はい。その暑苦しい声が、嫌いです」  会計を待っている客が、陽太に憐みの目を向けた。 「声……ですか……」  がっくり肩を落とすと、陽太はとぼとぼと出入口へと向かった。 「ありがとうございました」  すっかり正気を失ってしまったその背中に向かって、美月は営業用の声を投げた。
/8

最初のコメントを投稿しよう!