第一章 女同士の恋愛、アリですか?

1/13
276人が本棚に入れています
本棚に追加
/64

第一章 女同士の恋愛、アリですか?

十年間好きだった人にフラれました。 「もう、本っ当信じられませんよぉ~私の青春返せ!って感じですぅ」 「はいはい、そうね」 「15の時からですよ?!高1の時から!好きで…大好きで、彼だけ見て来たんですよぉ!」 「そうね~偉いねぇ」 「初めは友だちからって…其れでもいいと思って…だけど高校卒業の頃になってやっと…やっと私を彼女にしてくれて…だから私の初めてだって捧げたのにぃ~」 「そりゃ好きな男に求められれば女はヤッちゃうわよねぇ」 「…進路…別々だったけど…時間があれば逢って、彼氏彼女らしい事していたのに…其れなのに…」 「二股掛けられていた挙句、片方の女がデキちゃった──とはね」 「~~全然…気が付かなかったんですよぉー!まさか、まさか…っうぅ~」 「所詮男っていうのはそういう生き物なのよ。常に複数の女を渡り歩く本能を持った下衆なのよ」 「…でも…彼だけは違うって思ってて…」 「恋は盲目ね、馬鹿な女の典型例よ」 「うぅ…洋子さん~~其れ慰めてもらっていない~」 「だって本当に呆れているんだからね」 「!」 営業終了後のお店の休憩室で、失恋して自棄酒を渇喰らって管を巻いている私の顎を洋子さんはクイッと持ち上げた。
/64

最初のコメントを投稿しよう!