第二章 男友達との恋愛、アリですか?

1/16
275人が本棚に入れています
本棚に追加
/64

第二章 男友達との恋愛、アリですか?

海斗は女という生き物を嫌悪していた。 『ねぇ、海斗って好きな女の子いないの?』 『いない』 『え、なんで?いいなって思う子もいないの?』 『俺は女を好きにならない』 『えっ!何…ひょっとして海斗って…男が好──』 『違う!気色悪い事云うな』 『だって…じゃあなんで?なんでそんな事云うの?』 『……』 今思えば、私は随分無神経な事を海斗に訊いていたのだと思う。 煩いくらいにしつこく訊く私に、海斗は言葉少なに語った。
/64

最初のコメントを投稿しよう!