第四章 これで恋の障害は、ナシですか?

1/14
279人が本棚に入れています
本棚に追加
/64

第四章 これで恋の障害は、ナシですか?

結婚を決意した私たちは晴れやかな翌日を迎えた。 「じゃあ私、仕事に行くね」 「あぁ、気をつけてな」 前日から其のまま海斗の家に泊まった私は、一度家に帰って身支度するために少し早めに家を出る事にした。 「…あの…海斗」 「ん?」 「今日、大丈夫?」 「あぁ、大丈夫だ。きっちり話つける」 「…うん、ありがとう」 「礼なんて云うな。ふたりの事だ」 「海斗…」 前々から燻っていた事がある。 其れは洋子さんに海斗を会わせる──という事。
/64

最初のコメントを投稿しよう!