2.王禅寺保
1/2
3/11

2.王禅寺保

高校に入学して、初めてそのひとを見た瞬間、自分はホモだったのか、と愕然とした。 恋に落ちる、というのを、身をもって体験したからだ。 いや、他の男を見て欲情なんてしないし、中学のときは普通に女子と付き合って、女の身体に反応しないなんてこともなく、ちゃんと童貞は捨てていた。 ホモだから、というわけではなく、そのひとだけが特別なのだ。 そう思う頃には、自分がホモかどうかなんてどーでもよくなるぐらいに、もうそのひとに夢中になっていた。 そのひとは、耳に残る甘い声で、佐々木絢流あやると自己紹介をしていた。 スラリとした細身。 薄茶の髪は襟足が長めで柔らかそうだ。 全体的に色素が薄いのか、髪と同様、薄茶ハシバミ色の瞳は、煙るような長い睫毛に守られている。 カッコイイというよりは、綺麗、という表現がピタリとはまる整った顔立ち。 綺麗なひとは名前も綺麗なんだな、と思った。 友達でいいから、仲良くなりたい。 だから、絢流がバンドを組みたがっている、と知ったときは舞い上がった。 保は、青春を同じように音楽に逆上せた父親の影響で、彼が昔使っていたというドラムを譲り受けて、趣味で叩いていたからだ。 それからはもう、絢流に必要とされたい、絢流の側にいたい、絢流に見放されたくない、その一心でひたすらにドラムを練習した。 だから、デビューできるかもしれない、となったときは物凄く興奮した。 デビューして、売れることができたなら。 進学や就職で離れることなく、これからも一生側にいられる。 歌う絢流の後ろで、ずっとずっとドラムを叩いていられる。 そんな夢みたいな話が現実になるかもしれないなんて、最高すぎる。 ギターの大樹がデビューはしたくないとごねて、散々すったもんだしたけれども、ようやく落ち着いて、四人で東京に出てきた。 これで、夢への道が拓けた、そう思ったのに。 そいつは、突然現れたのだ。
3/11

最初のコメントを投稿しよう!