第 一 章 1

1/1
59人が本棚に入れています
本棚に追加
/38

第 一 章 1

     * * *  バイク乗りって、な~んでこんなバカばっかなんだろう。  タバコで煙ったい居酒屋の座敷で、あたしは隣の卓に目を遣りながらため息をついた。 「ぐわーっとさ、フルブレーキングでコーナーに突っ込んで行ったわけよ。そしたら俺のインにバーーーン!ってバイクが突っ込んできたんだよ!」  赤ら顔の男がバイクに見立てた手に、反対の手をぶつけてみせる。 「えぇー……。体は大丈夫だったんですか?」  話し相手の、バイクなんて触ったこともなさそうな女の子が首を竦ませる。 「気がついたら病院のベッドの上。脳震盪と鎖骨がポッキリ。手術してボルト止め」  よれたTシャツの襟に指をかけ、ミミズ腫れに似た手術跡を見せる。 「うわぁ、痛くないんですか?」女の子は、本当に嫌そうに眉根を寄せる 「大丈夫大丈夫。もう治ってるから心配しないで」男はガハハと笑う。  バカたれ……。心配してんじゃなくて、ドン引きしてんだよ。 「俺なんか新車で転んで縦回転やったかんね。目の前でバイクがバラッバラになんの」  向かいの男が、張り合うようビールジョッキを突き出す。 「バラバラって……そういうオートバイって、いくらくらいするんですか?」  聞き上手な女の子だなぁと感心してしまう。さっきから男どもが求めている言葉を的確に返してる。そういうの、あたしには無理。 「150万!」 「えっ、150ですか!? 車が買えるじゃないですか」 「買える買える」 「150万が、バラバラになっちゃったんですか……」 「なっちゃったぁ~。万札が舞い散ってるように見えたねぇ」 「オートバイって、お金かかるんですね……」  女の子は呆れたようにつぶやき、きっと心の中でこう続けてる。  ――この人達、バカじゃないの!?  今の話、だいぶ前にあたしも聞かされた。飲み会の度に同じヤツが、同じ話をしている。ていうか、一般人にそういう話をするなよ。レースが()()()()()()として見られるでしょ。  後ろの卓じゃ下ネタで大盛り上がり。さらにその向こうじゃ、脇毛にライターで火をつけるという一発芸で、バカどもが息も絶え絶えに笑い転げてる。  あたしはもう一度、深々とため息をつく。  久々に顔を出してみたら、こいつらなんにも変わってない。  飲み会に来て、口を開けば転倒クラッシュの自虐話。あと怪我自慢。ライダーにしてみればよくある話だけど、一般の人が聞いたら、それこそドン引きする話だ。  大枚はたいてをバイクに乗って、転倒してまた大枚はたく。あまつさえ大怪我を負う。それをうざい感じで自慢されりゃ誰だって『バカじゃないの!?』ってなる。  バイク乗り同士ならいざ知らず、今日は一般の人もいるんだ。TPOってもんはないの? そんなんだから、いつまで経ってもバイク乗りは変人扱いなのよ。  こんなふうにイライラしてしまうのは、あたしもバイクでレースをする、ライダーだったから。
/38

最初のコメントを投稿しよう!