第 一 章 4

1/1
59人が本棚に入れています
本棚に追加
/38

第 一 章 4

     * * *  言葉の意味を理解するのに、だいぶかかった。 「……死んだ? 森屋が?」  あたしのひっくり返った声に、オダケンは気まずそうに頷く。  冗談でも言っていいことと悪いことがある。そんなこともわからないのかこのバカは。  一瞬、そんな怒りがこみ上げたけどすぐに霧散(むさん)した。そういうことがわかるバカなんだ。 「いつ?」 「……去年の八月だったから、一年前だな」 「なんで?」 「都筑(つづき)の1コーナーで、クラッシュして……」  都筑とは、茨城県にある都筑サーキットのことだ。 「なんで都筑の1コーナーで死ねるのよ!」  都筑は中規模サーキットで、特に1コーナーのエスケープ(衝突回避)ゾーン(エリア)は狭く、クラッシュリスクが高い。でも低速サーキットだし、そうそう死ねるような場所じゃない。 「海、声でけぇよ」  (とが)められて、乗り出していた体を戻す。この場(二次会)に相応しい話題じゃない。 「俺も詳しくは知らないけど、都筑の1コーナーにノーブレーキで突っ込んだって」 「なにそれ……マシントラブル?」  そんなの、ブレーキが効かなくなったとか、アクセルが戻らなくなったとかの、マシントラブル以外考えられない。でもオダケンは首を横に振った。 「バイクの損傷が酷くて、原因はわからなかったって」  人づてに聞いた話だけど、と付け足してオダケンは口を噤む。  あたしは居心地の悪さを感じ、ジョッキを呷ったが空で、取っ手を掴んだまま恰好(かっこう)のまま押し黙る。 「即死だったって」  オダケンが、口からこぼすようにつぶやいた。  ――即死。  その生々しい言葉を耳にした途端、言い様のない不安が胸で渦を巻き、叩くような動悸(どうき)が始まる。酔いなんて吹き飛んでしまった。 「…………なんで、知らせないんだよ」  あたしはジョッキを置き、誰に言うでもなく言った。 「海が知らないわけないっていうか、つぅかなんでおまえ知らないんだよ!?」 「だから、誰も知らせてくれなかったんだって。葬式(そうしき)はどうしたの?」 「実家から親父さんが飛んできて、こっちで火葬(かそう)して連れ帰っちまったって。葬式は向こうでやったらしい」 「火葬って、葬式の後にするもんだろ」 「俺もそう思ったけど、あいつ秋田の出だろ。秋田って葬式の前に火葬するらしいんだよ」 「なにそれ。そんなの聞いたことないよ……」 「俺だってそうだよ……。それに、火葬した方が、連れて帰りやすいだろ……」  即物的な話に、あたしは息を呑んだ。  麻実ちゃんも知ってたの? と顔を向けるとおずおずと頷かれてしまう。 「いや、海が知らないわけないって、誰だって思うだろ」 「どうしてよ」あたしは森屋の肉親でもなんでもない。 「だっておまえ、森屋と付き合ってただろ」  あたしは思わず手で目を覆った。  そんなふうに思われていたのは知っていた。でも、だからって―― 「それに、あんな噂があったから、みんな森屋の話は避けてたっていうか……」 「噂?」  オダケンは顔をはっとさせ、気まずそうに目を逸らした。  そうだよ。なんにも知らなかったあたしが、その噂とやらを知っているはずがない。 「なに、噂って」  あたしは、オダケンを睨み付ける。 「あいつのクラッシュさ……事故じゃなくて…………」  オダケンは酷く言いにくそうにした後、声を潜め、 「自殺、だったんじゃないかって」
/38

最初のコメントを投稿しよう!