丸天井のみなしご

足掻くから、足掻いて見せてよ

4 16

SF 連載中
13分 (7,671文字)

あらすじ

2xxx年。世界は何回目かの過渡期を迎えていた。 擦り減る資源、荒廃する自然、徐々に薄れていく酸素の中、人類は自分たちをドームの中へ隔離することで生存への道を開いた。 ドームはいくつも増え、パイプをつ

タグ

目次 2エピソード

感想・レビュー 1

期待値を高めてくれるオープニングでした。

数十年以上のつきあいをしている“少女”。その存在により、描かれている世界は、読者の暮らす現代とは違うとわかります。アンドロイド、ドーム、合成ベーコンと次々に飛び出るSF用語にワクワクします。そして、力

その他情報

公開日 2019/7/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

永遠の涙

SF 完結 過激表現
12分 (6,882文字)
もっと見る