プロローグ

1/1
545人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ

プロローグ

   逆さまの景色が、どんどん遠ざかって行く。  オーロラ色の冷たい毛並みの狼に、俺は突然攫われた。  ドンドンと背中を叩いても、降ろしてもらえない。 「離せっ!どこへ連れて行くつもりだ!」 「オレの故郷……トカプチという地だ。最北の地でオレと暮らそう。お前はオレが探していた相手だから」  えっ……トカプチだって?  それは俺の本当の名前と同じじゃないか。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!