東風の頃、邦土に在りて(仮題)

友人や好きな人のことのうち、シリアスなネタをシリアスなまま書く、という苦手に挑戦です。ふざけ虫を腹筋でグッと抑えながら。

3 11

13分 (7,734文字)
久しぶりに読み返して、男目線の詩が多いなー、と思いました。そういえばBLの作者さんて、女性が多いですよね……なんで?

あらすじ

まだ1個しか書いてないので、あらすじはわかりませーん。 タイトルは、『万感の思いを抱きて         歳月を知る          日だまりに咲く        向日葵と         小さな

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/7/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る