接触

7/15
349人が本棚に入れています
本棚に追加
/118ページ
その男と目があった時、柚希はまるで頭を殴られたような衝撃を受けた。体がふらついたが、倒れている蓮と祥悟が目に入り、足に力を入れる。 「久しぶりだね、柚希。」 ゆっくりと男が言う。 「ちゃんと覚えているかい?」 柚希がゆっくりと目を閉じて、もう一度開く。 「思い出したよ。…久しぶりだね、律紀(りつき)。」 男────律紀は、満足そうに頷いた。 「なんでこんなことをしたの?」 柚希が瞳に怒りを見せながら律紀に聞いた。律紀は頭を下に向けて笑った。もう一度柚希を見た律紀の目は恐ろしい程冷たい。 「なんでこんなことしたの、だって?何を言っているんだい?お前の存在を消すためさ。お前は外に出ていい存在じゃないんだよ。今なら戻ることもできるけど、どうする?」 柚希が強く手を握りしめた。 「あんな所、二度と戻るものか。」 律紀はどこか楽しそうに笑った。 「だよね。言うと思ってたよ。」 律紀は一瞬で顔の表情を消すと、腰を落とした。 「じゃあ、殺すね。」
/118ページ

最初のコメントを投稿しよう!