ダブルプラトニックスウイサイド

河童忌に。短編です。

7 53

2分 (1,039文字)

あらすじ

私のなかの芥川。片山広子との一晩のイメージで書きました。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

拝読しました。

これ読んで河童忌とか芥川先生の最後調べました。河童好きだったんですね先生。知らなかった。 「僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」はいまの日本人の多くがもってるかもしれませんね。なんて世の中だ! おそら

その他情報

公開日 2019/7/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る