05 その肖像は、アニリン・マジェンタで

1/3
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ

05 その肖像は、アニリン・マジェンタで

この世界には、絶対的な権力を有する王と、服従する民しかいない。 ……そう想っていたのは幻想だった。 この世界には、王すら掌で踊らせる影の支配者がいる。 この世界には、男達の(はかりごと)を理解した上で、弱きを演じる悪魔がいる。 この世界では、僕はただの神輿(みこし)なのだ。 真の権力もなければ、(まつりごと)や民を治める器すらない。 兄上、あなたはどうだったんですか? あなたが僕を知らなかったように、僕もまたライヴァールやシャーロットを知らない。 天井裏から、俯瞰する者がいれば、さぞかし滑稽な三角地帯だろう。 『マジェンタ・トライアングル』と後世に名を刻むかもしれない。 いや、この先、何があっても、真の歴史として残されることはないだろう。 相手がライヴァールとシャーロットなのだから。 揉み消し、捏造することは容易いだろう。 王族という名の凡庸な兄弟のことなど。
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!