02 面影のレイワード

1/4
25人が本棚に入れています
本棚に追加
/19

02 面影のレイワード

「ようやくお目覚めですか? アニリン・マジェンタ王子?」 神経を逆撫でされるような声に想わず苛立つ。 嫌悪を覚えるのだ、この聞き覚えのあるような、初めて聞いたような声に。 俺はそのままの苛立ちを声に乗せて応えた。 「誰だ? 貴様は?」 声の主はツカツカと歩み寄り、ブーツのつま先で俺の鳩尾(みぞおち)を蹴り上げた。 俺は堪らず、床に崩れ落ちたが、胃液しか吐き出せなかった。 「無様なお姿ですね、兄上(・・)」 「兄……だと? 俺に弟はおらぬ!」 「ご存知ないのは無理もない」 男は松明をかざし、その手に握られたネックレスを照らす。 ゆっくりと。 そう、ゆっくりと。 よく見えるように。 陰影が不吉な音色を奏でるような、仕草(タクト)で。 俺の心臓は、悪魔に鷲掴みにされたかの如く、拒絶の旋律を奏ではじめる。
/19

最初のコメントを投稿しよう!