03 マジェンタ王国の赤子は、殊更赤い。

1/3
25人が本棚に入れています
本棚に追加
/19

03 マジェンタ王国の赤子は、殊更赤い。

現国王ファウスト・マジェンタが、ひっそりと息を引き取った。 僕は、ライヴァールからその報を受けた。 魔窟で知り合った、シルクロードの果ての民族。 不毛な高山地帯で馬術を得意とする彼らが用いる『秘薬』の賜物であった。 徐々に体力を奪い、思考を薄め、緩やかな死へと至らしむ。 本当の父上であろうと、碌に顔すら見ていないのだ。 尊敬の念も、愛情の欠片も湧こうはずがない。 寧ろ、憎さが倍増されるだけだった。 それでも、計画的に進めてきたのは、強い決意があったからだ。
/19

最初のコメントを投稿しよう!