凍土の幻影【完結】

箱館の、あの冬。私は、土方歳三という男に出逢ってしまった 『遠くまで』ご愛顧記念

22 100

49分 (28,988文字)
冬 箱館 新選組 土方歳三 つかの間の休息 『遠くまで』番外編的作品です

あらすじ

土方歳三の隠れ家で働くことになった、主人公「私」の視点で描かれた、箱館最終決戦前夜の様子。全部で3万文字ぐらいです。拙作『遠くまで』のサイドストーリーになりますが、本編未読でも分かるように書いています

シリーズタグ

感想・レビュー 1

【ネタバレあり(少)】つ、つらい…切ない…っ!

「遠くまで」を愛読していた者としては、もちろん瑠璃ちゃんと土方さんの幸せを祈っていたわけなのですが、このチセちゃんもいじらしくて、「だよねだよね、好きになっちゃうよね。いけ!がんばれ!」なんて共感&応

その他情報

公開日 2019/7/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る