くれなゐの羽化

約8000字の青春怪奇短編。連絡が取れなくなった親友の絵には赤い月が描かれていた。

10 56

ホラー 完結
13分 (7,758文字)
LINEだけが繋げてくれていた微かな気持ちを辿った先に、彼女は何を知るのだろう。

あらすじ

【あらすじ】 小学校以来の親友と連絡が取れなくなり、部活の顧問を訪ねる。そこで彼に見せられた彼女の絵には、赤い月が描かれていた。 【コンテスト】 超・妄想コンテスト「赤」応募作 【情報】 総文字数

サブジャンル

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

とてもゾクゾクする前半部でした。

「一度消えて生まれ変わる為には、血を流さないといけないんだね」という謎めいた言葉を残して失踪した親友。美耶古は彼女の行方を捜します。彩が描いた、赤い月に赤いシルエットの女性が手を伸ばす絵は、鮮烈なイメ

その他情報

公開日 2019/7/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る