‪リンが紡ぐ〜ある国のある物語〜‬ [前編]

過去に生物兵器の開発が盛んだった国で、主人公たちが暮らす『学院』をベースに物語が進んでいく長編冒険ファンタジーです。

72 2,622

4時間1分 (144,142文字)
RPGのような冒険ファンタジーものが大好きなのでかなり影響受けてます♫楽しんでいただければと思います。

あらすじ

ある国の子供達ばかりになった世界 国や軍は隠された研究所で、生物兵器の開発や非道な実験を盛んに繰り返していた。 そして10年前…ついに事件は起こる。 舞台は主人公の暮らす街のように巨大な『学院』

感想・レビュー 3

「青春」というテーマがピッタリの一味違った異世界もの!

 この小説は、よくある異世界のジャンルに入るかと思う。  ただし普通の異世界ものではない。  もちろん異世界ものというのは、ラブコメや騎士、転生・・・様々な要素が詰まっているのだけど、この小説は、他の
1件1件

ときどきでてくる挿し絵がいいです

読むの遅く、まだ70ページくらいです。国の計画、実験が分かってきたところです。 壮大な話です。 絵がだけでなく、文章もうまく、読みやすいです。 キャラも魅力的で、今後の彼らの行方が楽しみです!
2件1件

続きから目が離せなくなるプロローグでした。

世界一巨大な学校。生徒である主人公にとっては「8年前から、僕の世界のすべて」だという。気宇壮大な舞台設定に期待が高まります。管理官である叔父に呼び出され、依頼されたのは危険な任務だった。生物兵器や、歴
2件1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品