ランドセルに世界を詰め込んで

そのランドセルの中には、きっと今も彼の世界が詰まっている

6 76

12分 (6,770文字)

あらすじ

妄想コンテスト「赤」参加作品です。 赤いランドセルを背負う少年と、ランドセルを作る青年の話。 自分の世界を大事にするという青年の価値観をテーマにしています。小学生視点ってなかなか難しいですね…。

タグ

感想・レビュー 1

かけ値ない赤

赤いランドセルとそこに秘せられた想い、願い。 それを受けて自分の世界を作り上げた少年。 均質化や同調圧力みたいなものが空気中の成分に含まれているような世界で、 この作品は大切なことを教えてくれました

その他情報

公開日 2019/7/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る