01:健全な生活、始めます!

1/8
406人が本棚に入れています
本棚に追加
/49

01:健全な生活、始めます!

◇◇◇ 「毛じらみですね」 「へ?」  浅瀬由雄(あさせよしお)は、診察室で脱いだハーフパンツを履きながら、ぽかんと口を開けた。  最近、妙に性器のかゆみを感じ、ついにはバイト中にその痒みに耐えきれなくなって、バイト先であるゲイバーのオーナー桃子ママにすがる気持ちで白状した。すると、一刻も早く病院に行けと店を追い出され、駆け込んだ泌尿器科で、たった今医者から病気の告知を受けたのだ。 「潜伏期間は一ヶ月くらいですが、心当たりはありますか?」 「一ヶ月前……あっ」  心当たりは間違いなくあった。それは先月行われた、行きつけのライブハウスのパーティのことだろう。  パーティの一次会はそのライブハウスで常連のバンドのライブだったが、二次会はホテルのスイートルームに場所を変えて行われた。総勢20名近く参加者は全員男で、スィートルームの中で自由にセックスをするという、いわゆる乱交パーティ形式の親睦会だった。  由雄は、基本いつでもどこでも誰とでもセックスしたい男で『あさせよしお』という名前にもじって『サセオ』というあだ名で呼ばれるほど、この界隈では有名なネコだ。男にしておくにはもったいないほど愛嬌のある外見で、なおかつあまり深く考えない、ノリのよい性格にくわえ、セックスの相手も誰でもOKという人材は貴重らしく、こうした乱交パーティが開催されるとなると必ず招待されていた。  しかし、今回のパーティはコンドームの着用必須という、乱交パーティの中では、極めて健全な方だったはずなのに、どうしてこんなことになったのだろうか。
/49

最初のコメントを投稿しよう!